2016年08月08日

ツバメねぐら&シギチの渡り

八幡川ツバメのねぐら探鳥会に参加してきました。
やっぱり、毎年、すごい数。
あの数は、本当にすごいですね〜!

シギチの渡りも始まっていました。
まだまだ暑いですが、夕暮れに、干潟でお散歩なんて、幸せですね!
posted by タカ子 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

ツバメ大乱舞

太田川ツバメのねぐら探鳥会に行ってきました。
夕立ちがあったおかげで、そんなに暑くもなく、あっという間に時間が
たちました。

ダイサギ、コサギ、アオサギ、カワウ、ムクドリのねぐら入りの群れ、カワセミ、
ゴイサギ(幼鳥)なども見られ、ある程度楽しんだところで、日の入り後から、
ツバメが集まってきはじめました。

上空を大乱舞するツバメ、川の水面を移動するツバメ、本当にすごい光景
でした。毎年、必ず一度は見ないといけない光景ですね!!!

Fさん、Oさん、いろいろ鳥の説明をしていただいて、ありがとうございました。
初めて来られた方も、ツバメの乱舞に、大感動されていました!

ぜひ、8月6日の八幡川ツバメのねぐらにも行きたいと思います。

posted by タカ子 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

ツバメのねぐら・・・いまいち

本日、ツバメのねぐらに行ってみましたが、数がいまいち・・・
対岸では、盆踊りをしていてとてもにぎやかでしたが、その影響???
わからないけど・・・

初めてねぐらを見た人は感動するかもしれないけど、ねぐらを見たことある人は、
たいしたことないじゃん、と思う程度かも。

明日は、ツバメのねぐら探鳥会です。17:30集合ですが、ねぐらの場所がわかる方は、
暑いので、19時前頃に行かれるのが良いかも・・・
19時前には、日が沈み、少し涼しくなるようです。
posted by タカ子 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

ツバメのねぐら、期待できそうです!!!

31日にツバメのねぐら探鳥会がありますが、今日、Kが確認に行ったところ、
空が真っ黒になるくらいすごいらしいです!!!
ここ数日で増えたようです!期待できそうです!

【ツバメのねぐら探鳥会のお知らせ】
■集合時間:17:30
■集合場所:アストラムライン牛田駅西側(側道上)
■解散予定:19:30頃
posted by タカ子 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

真夏のテニス

1日テニスしてきました。
この日のために、農作業用の帽子、腕までかぶせるロング手袋を買い、ラケットの
グリップテープも巻き替え、準備はばっちり!
ぐったりして昼には帰る予定だったのですが、なぜか全然元気で、結局夕方まで。
いつも何にしても行くまでがめんどうなのですが、行くと楽しくて楽しくて。
また、テニスを再開したくなっちゃいました。
テニスをしていたのは10年も前。そして、半年前に10年ぶりにテニスしたら、
全くできなくなっていて驚き、それでも半日していたら感覚がもどってきて。
今回は、半年前にしているので、全然普通に打てました。
それにしても、うまい人がやっているところは、見ているだけで、楽しいですね!
そして、自分のコントロールのなさ。難しいから、よけい楽しいのかも。


☆家に帰ってお風呂にすぐ入って、夕方涼みに川沿いを歩いたら、
ツバメのねぐらできていました!!!数は少ないですが。
家の周りのツバメもまだ巣立っていないことだし、時期が早すぎたかなあ・・・
8月中旬くらいになると、ツバメの乱舞が見られると思うんですけどねえ・・・

posted by タカ子 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

ツバメのねぐらが〜

7月末に、ツバメのねぐら探鳥会があるので、下見に行ったのですが・・・

ツバメのねぐらが・・・


ない


です。いたのは、数羽のツバメとコシアカツバメ数羽。家路を急ぐコサギとゴイサギ・・・
家の近所のツバメもまだ巣立っていないようだし、あと2週間で、ねぐらはできるのか???
それとも、ねぐらは移動したのか?
今まで、8月に入ってからいつも、ねぐらを見に行っているので、こんな時期に見に行った
ことないんですよね〜。

来週、また行ってみよう・・・

posted by タカ子 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

ヒメボタル☆

ヒメボタル観察会に参加してきました。
昨年度も良かったけど、暗闇の中で、キラキラと光るヒメボタルは、最高でした。

そして、ヒメボタル観察会の後でみた、星空。織姫と彦星が輝いていました。
北極星と北斗七星も。

そして、夜中2時まで飲み会。その後テントで寝て、鳴り響くヒグラシの声、サンコウ
チョウの声で目覚めました。

皆様、楽しい週末をありがとうございました。
posted by タカ子 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

北海道の旅(海編)

北海道。早朝。

ボートで海へ。小さなボートで、目線が水面とあまり変わらない。
晴天の朝。透明に輝く海に浮かぶ海鳥たち。なんと美しい光景だろう。
赤オレンジの足で互いに鳴きあうケイマフリの高い声。鳴いている時の足と同じ
赤オレンジの口の中。懸命に羽ばたいて飛ぶ姿。
図鑑でしか見たことないケイマフリがこんなに美しいとは知らなかった。
カラフルでもない見た目なのに、何でこんなに美しいのだろう。足が真っ赤だからなのか。
仲間と鳴きあうかわいい姿なのか。ケイマフリに魅せられてしまった。
posted by タカ子 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道の旅(草原編)

北海道の旅。朝4時。

広い広い草原。朝靄の中、鹿が飛び跳ねている。
聞こえてくるのは、エゾセンニュウ、コヨシキリの囀り。
CDで覚えたマキノセンニュウの声も聞こえる・・

そして、あ、この声は・・・すぐにわかったシマアオジの囀り。
のどかな声は、草原によく似合う。コバイケイソウの上で囀るシマアオジ。

そして、3羽のオオジシギが競うように、ディスプレイフライトをしている。
オオジシギのフライトを見るのは数年ぶり。
カッコウが囀り、あたりには、エゾカンゾウ、コバイケイソウが咲いている。
草原にいると、癒されますね。

そして、夕方の草原。座って、1日中ディスプレイフライトを続けるオオジシギ。
そして、真上を飛ぶ1羽のハリオアマツバメ。枝を飛び回るツメナガセキレイ。

オオジュリン、コヨシキギが囀りまくる。コヨシキリがあまりに多くて、
全然珍しくもなんともなくなってきた。ちなみに、オオヨシキリを見たのは
1羽のみでした。



ouji.JPGsima.JPGsotyo.JPGtumenaga.JPGkoyosi.JPG



posted by タカ子 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道の旅(森編)

北海道の旅。まずは、森の中へ。
ん?何か聞いたことある声が・・・何だっけ?
双眼鏡でみると、夏羽で囀るアオジの姿が!あ、そうそう。アオジの声だ!
オオルリも囀っている。
しばらくすると、沼が見えてきた・・・そして、そこにはオシドリがいた。
オシドリ、北海道では、普通に夏鳥なんですね。
しばらく歩いていると、ヤマゲラの声!!!そう。北海道の旅の1週間前から
毎日、CDで北海道の野鳥の声を予習していたのだ。なので、ヤマゲラの声、
すぐわかりました。2羽で鳴き交わすヤマゲラ。ヤマゲラの本物の声が聞けて
うれしくなりました。

また、別の日。朝4時に宿を出発。いざ、森の中へ。
森に入ると、カケスのようなにごった声が。でもカケスの声とは少し違う。あ、
姿が見えた。それは、コムクドリでした。♂♀いたけど、♀の方がかわいい。
広島では渡りの時期しか見られないから、夏に見られて感激。
そして、しばらく歩いていると、足元からいきなり・・・ヤマシギが慌てて飛び立ち
森の中に消えていった。すごい!本当にヤマシギ、いるんだ〜。
そしてさらに歩いていると、後ろ向きに、小鳥がとまっている。う〜む。後ろ姿のみ。
マミチャ?でもないし、、、シロハラ???でもないし・・・何だろう???
しかも、高い声で「タロー タロー」と鳴いている。
Kが言う「この鳥、見たことない鳥じゃ!」
見たことない鳥?心がおどる。ライフリストが増えるかも・・・
でも、この眉、知ってる・・・  もしや、これは、ノゴマでは?
でも、ノゴマの複雑な囀りは知ってるけど、この口笛のような響きの不思議な
「タロー タロー」という声。ノゴマとは違うような。
そこで、その謎鳥が逃げないか心配だが、少しずつ移動し、その鳥が前側から
見える位置に行った・・・前から確認すると、なんと、ノゴマ♂でした。
ノゴマって、こんな鳴き方するんだ〜。初めて聞いた鳴き方。
でも、今回の旅でその後2つがいのノゴマを見たけど、♂も♀も相手(それとも雛?)
を呼ぶときは、「タロー タロー」と鳴くんですね!
そして、森を抜けて広い道路に出ると、電柱にチゴハヤがとまっていた。
あまりに近い距離にいるものだから、お腹の模様も、お腹の下の茶色い部分も
ばっちり見えました。そして、飛んだ時のハヤブサと全然違う細い翼も。

そして、また別の森の中。真昼。
コサメビタキ、アオジが囀る。そして、森の奥の沼に・・・いた・・・夏羽のアカエリ
カイツブリ3羽(2羽のペア+離れた場所に1羽)
別の沼には、夏羽のカンムリカイツブリ3羽。ヨシガモ♂♀。マガモ♂♀。

広島では冬鳥の野鳥が北海道では夏にいる。
広島と北海道は遠いなあ・・・これだけ気候も違い距離もあれば、鳥が違うのは
当たり前なのかもしれないけど、、、おもしろいなあ・・・と思いました。






続きを読む
posted by タカ子 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする