2015年04月29日

ヤソウの会?

仕事に行って一言目、

「ヤソウの会はどうだったか?生きとるところを見ると大丈夫だったようだな」と言われた。

ん?「野鳥の会」ではなく、ヤソウの会???私が入っているのは、野鳥の会ですが???

あ、そうそう。山菜天ぷらパーティをすると、言っていたのだった。

野草を食べて大丈夫だったか?と聞かれているのであった。大丈夫ですよ〜。
野草に詳しい人がたくさんいるんだから〜。

山菜天ぷらパーティは、相変わらず、超楽しかった。やっぱりあげたての天ぷらは
おいしいですよね!


続きを読む
posted by タカ子 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

まめ太が待ち受けに!

昨日、SさんとKと3人でケーキ屋さんに、ケーキを食べに行っていたとき。
Sさんが突然「おもしろいゲームがあるの知ってる?」と言って、スマホを取り出した。

そのスマホの待ち受けをみた瞬間、私とKはびっくり。なんと、

さくら道のまめ太

が、スマホの待ち受け画面になっていたのだ。

「Sさん、それ、まめ太じゃない?」と私.

「何で犬の名前、知っとるん?」とSさん。

「え。それ、ともべいさんのブログから、ダウンロードしなかった?」と私。

「したよ。わかる?だって、かわいいんだもん。この見上げている感じが。」とSさん。

いや〜、ともべいさん、まめ太君が、勝手に待ち受けになってましたよ・・・

posted by タカ子 at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマセミは山に?

今日は探鳥会。雨予報だったので、普段だったらさぼるところだが、今回は担当者だったので
行かざるを得ず、仕方なく現地まで歩いていった。
まあ、来ても3人くらいだろうから、雨の中、声だけ聞きに歩くかな、と思っていったところ、
なんと14人もの参加者が、雨予報など知りませんっていう顔で、フツーに集合していた。
しかも、初心者の方がほとんど。これはやばいぞ・・・

と思っていたところ、姿を見るのはなかなか難しい山の小鳥でしたが、囀りはすごく、
23種類もの野鳥の声を堪能できました!
キビタキの美しい声を聞けたのが、本当に良かった!キビタキの姿を見れたのは、2名だけ
でしたが、あんなに美しい声を長い間聞けて、それだけでも来たかいがあったかな。
アオジの姿を見れたのも私だけ(多分)。でも、囀りはみんなで聞けたし、なんといっても
今日一番良かったのは、アトリの群れがかなり長い間間近で見られたこと!
アトリ、コサメビタキ、ホオジロ、カワラヒワ・・・小鳥があちこち飛び回り、姿を見るのは
なかなかでしたが、みなさん、鳥の多さにびっくりされていたようでした。
というわけで、今年も楽しい渡りの時期の山でした。
今年は、キツネが出てこなかったのが、残念だったな〜。

あ、そういえば、最後の鳥合わせの後に、みなさんに一言ずつお話をしていただいたのですが、
その中で、こんな質問がありました。
「今日、初めて探鳥会に参加したんですが、質問があります。「ヤマセミは、この山で見られ
ますか?」
「いえ、ここにはいないです。一度も見たことないですよ。ヤマセミは川にいるので、もっと
上流の川に行かないと」と私。「三○川に行けば見られますよ」とOさん。

「え?川?「カワセミ」は「川」に、
「ヤマセミ」は「山」にいるんじゃないんですか?」

なるほど〜!!!そういうふうに思う人がいるもんなんですね〜と感激した。
すかさずOさんが、「ヤマセミは、山の川にいるんです」と答えられた、さすが。
ふ〜む。私はバードウォッチング初めてした日に、ヤマセミをみたから、そんな疑問を持った
ことなかったな〜・・・・あのヤマセミの姿に驚いたんだよね・・・

☆ベテランのOさま、いろいろ鳥の話をしていたくださって、ありがとうございました。
望遠鏡にも鳥をたくさん入れていただき、皆さん楽しんでくださったようで、良かったです。
posted by タカ子 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滝を渡る

ぽかぽか陽気の土曜日。今日は、植物観察会の日だ。
集合時間の45分前に到着したところ、すでに先生の車は到着していた。

カルガモ、チュウサギなどを左の川に見ながら、
「カラスノエンドウ」「カスマグサ」「スズメノエンドウ」などを見て歩く。
「カスマグサ」とは「「カ」らすと「ス」ずめのマ(間)の草」という意味とのこと。
なるほど〜。

そして、さらに歩くと、アラカシの木があった。新芽がとても柔らかくてびっくりした。
そして、次には、「エゴノキ」があった。すぐにエゴノキとわかった。・・・識別理由は、場所。
1年前に歩いているから、位置で植物の名前を覚えているだけなのであった。

そして、次に見えたのは、「イラクサ」。そう、去年、Sさんが「触るな」と先生に言われたの
も聞かず触り2日苦しんだ草だ!
たいした針じゃないじゃん、と触りたい衝動にかられたが、これから1年も「いらくさに触った
人」と言い続けられるのはいやなので、しぶしぶあきらめた。

そして、美しいイシガケチョウや、ツマキチョウ、シジミチョウの仲間も飛び回っている。

そして、最後に滝に到着。そして、本日のメインの○○スミレを見るのであった。
○○スミレのある場所は、滝のそばの石が濡れて滑る場所。

こりゃダメじゃ。とあきらめて、双眼鏡で見ていたところ、
「行けるよ、ほら。あなたの友達、行ってるわよ」と隣の人に言われ、ふと滝の方を
みると、四つん這いになり、ひっしに濡れた岩を登っているSさんとKが見えた。

えっっっ・・!!

少し迷ったが、やっぱり近くで見たい。仕方なく濡れた岩を飛び越え、○○スミレの近く
までいき、じっくり見た。なんと、可憐な花なのだ!

先生は、しきりに言っていた「危ないですからね。危ないですからね。絶対一人では
来ないでくださいよ」と。

「大丈夫ですよ。怖いから来ません」と私は答えたが、SさんとKは一人でも行くかも
しれないなあ・・・な〜んちゃって。

ライチは、いつものお好み焼き屋さんで、「豚チーズ」お好み焼きを食べて大満足。
今回も楽しかった植物観察会なのでした。皆様、ありがとうございました。
夜、いただいたレモングラスでお茶。SKさん、ありがとうございます。
posted by タカ子 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

青い鳥

今日、オオルリ成鳥♂ゲットです!うっとりするような青!
キビタキ成鳥♂もゲットです。なんとかわいらしい!

そして、スミレの花の名前もたくさん教えていただき、ギターの演奏も
聞かせていただき、今日もとても楽しい1日でした。
皆様、大変ありがとうございました。

帰りにお城で、オオルリ成鳥♂、またまたゲット!
カワラヒワに、シロハラ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラモ囀っていました。

---
最近、とてもエキサイテイングな日々を過ごしています。
4月の先々週末は、世界的プロダンサーのダンスを身近で見ることができたし、先週末
は、外国のツアーガイドの方と一緒に英語のみでのお食事会に誘っていただきました。
Fさん、いつも誘っていただいて、ありがとうございます!




posted by タカ子 at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

セグロカモメはいつ旅立つのだろう・・・

3月28日、まだセグロカモメは集結していた。超遠くからパッと見、肉眼で150羽くらいかなあ・・
いつまでいるんだろう?

さらに3日前くらいに50羽くらいになってたから、もう旅立ったかな・・・と思っていだけど、
その次の日、次の日もまだいた。

渡りの季節ですね。

あ、ベランダに鉢植えの可憐なスミレの薄青色の花が4つ咲きました!!!

P.S. 3月30日(月)も、まだぱっと見150羽くらいいた。
     3月31日(火)も、まだぱっと見150羽くらいいた。
    4月1日(水)も、まだぱっと見100羽くらいいた。
    4月2日(木)、ぱっと見50羽くらいいた。
    4月9日(木)、久しぶりに通勤時間に干潟が出ていたが、
           ぱっと見まだ40〜50羽くらいいた。
    4月18日(土)まだ9羽残ってる・・・
posted by タカ子 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

体力作り

今日は、「春の息吹と体力作り」っていうのに、参加してきました。
題名から、「植物観察と体操」くらいだろうと思ってスニーカーで行って
いたら、本格的な登山でした・・・
久しぶりに筋肉痛になったかも・・・
でも、数年前から一度登ってみたかった山なので、とっても良かったです。
石や植物の説明を詳しくしていただき、超楽しかったです。
皆様、ありがとうございました。

----
今日の植物---バイカオウレン、オオイヌノフグリ、シキミ、ミヤマシキミ、
クロモジ、シロモジ、リョウブ、ヒイラギ、イワカガミ、ホオノキ、
ソヨゴ、ヒサカキ、サカキ

今日の鳥---シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、マヒワ、他
posted by タカ子 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

ぽかぽか陽気

探鳥会に参加してきました。
ぽかぽか陽気で、楽しい探鳥会でした。

高校生のお孫さんと来られていた方に、帰りに、とっても楽しかった、
あんたは詳しいの〜と言われ、とてもうれしかったのでした。

今日の鳥---ノスリ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、シジュウカラ、
ジョウビタキ、コゲラ、キジ♂、ウグイス、アオジ、他

その他---シロバナタンポポ、オオイヌノフグリ、イシガケチョウ、他

posted by タカ子 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

セグロカモメ320

昨日は、春の草花を見て、山を歩いた。
オオイヌノフグリ、イヌノフグリ、フラサバソウ、ナズナ。
ピザのモーニングを食べ、ランチはお好み焼き。
楽しい1日でした。

で、今日は家でのんびりしていたら、Kからメールが。
「オオセオグロ見たいんだけど。15時に行くけん!」

ということで、二人で徒歩で太田川へ。
けっこういるよね。数えてみたら、セグロカモメだけで320羽!
ホント、大集結!もうそろそろ帰るんだろうな。
オオセグロはおとついは、成鳥夏羽1、3W1羽だったのだが、3Wは
いなくなっていた。代わりに新たな成長冬羽1羽が増えてた。
カモメも4羽になっていた。
だんだん、カモメが楽しくなってきた。

他には、マガモ、カルガモ、オオバン、ヒドリガモなどもまだいた。
ジョウビタキ♂は、最近そわそわ。昨日も今日もたくさん見かける。
そろそろ旅立ちそうな感じ。
posted by タカ子 at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

オオセグロいた!

今朝、セグロカモメ大集結を見に行ってきました。
いました、いました、見始めてから30分で続々と飛んできて、最後には190羽。
もっと増えたかもしれないけど、時間切れ。
ほとんどが、セグロカモメ成鳥冬羽。うち、夏羽もちらほら。でも、圧倒的に冬羽
の方が多い。あとは、1W,2W,4Wのセグロカモメ。
見ているうちに、黄色い足のただ「カモメ」もやってきました。

Kが、「オオセグロが1羽いる」と数週間前に言っていたが、本当にいた!
オオセグロカモメ成鳥夏羽1羽!+オオセグロカモメ3Wの合計2羽!

他には、マガモ、カルガモ、ヒドリガモの群れ。ジョウビタキの地鳴き。
カワラヒワの群れの囀り。本当に、「春」っていう感じですね!

見飽きないわ!明日はドライブです!

posted by タカ子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

セグロカモメが!

今日、仕事前に川をのぞいたら(仕事は午後から)、セグロカモメが大集結していた!仕事行く前で時間
なかった・・・トホホ・・・
セグロカモメって、干潮のときじゃなくて、満潮になる直前に中州に大集結するから不思議。
明日こそ、私が行った時間に、いてくれますように!


---
で、話変わって、今日、「この鳥は何ですか?愛知県で見たんですけど」っていう問い合わせが写真と
ともにまた送られてきた。
で、「カワウよ」と見た瞬間思ったが、間違ってたらいけないので、念のため、写真をじっくり観察して、
大発見をした!!!

今までずっと、「くちばしの基部の黄色い裸出部は口角で尖らない」か「・・・口角で三角形に尖る」かで
識別していたのだが、他にもっとわかりやすい識別点があったんですね〜!!!
「頬の白色部が、目の後方にまっすぐに延びる」か、「白色部は、目の後方から斜めに上がる」かの
違いがあったとは!!!今まで、気づかなかった!!!

1年くらい前から、しょっちゅう「これ何鳥ク〜イズ!」がくるから困るわ・・・
(鳥見を始めたばかりの人から)
いつも、環境と大きさと、飛び方と鳴き声から判断している私としては。
写真だけ見せられら、普段見慣れている小鳥さえ、悩むわ・・・







posted by タカ子 at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

準備完了!

毎年,実家にツバメが巣を作ります。毎年,糞が下に落ちても大丈夫なように,
段ボールを巣の下1mくらいのところにつるしています。
昨日,段ボールをつるしました。準備完了です!

それにしても,「そろそろツバメがくるから,準備しなきゃ」とツバメが来る
時期を覚えているMさんはすごいわ!
そういえば,もう少ししたら,街中でも見られるようになりますね!

週末の鳥(近所)---ミヤマホオジロ♂,ヤマガラ(囀る),ウグイス2(囀る),
 エナガ2+,メジロ2+,トビ,ハイタカSP,ホオジロ♂1,ルリビタキS,
 ヒヨドリ,ツグミ,アオジC1

posted by タカ子 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

そして、セグロカモメ

北海道で、オオセグロ、ワシ、シロカモメをたっぷり見た。
ので、心はカモメ気分。

昨日、今日と、家の前のセグロカモメを見に朝川に行ってみた。
そして、成鳥、1W,2Wを確認した。夏羽は1羽もいなかった。
北海道には、夏羽のカモメ、けっこういたのに。

カモメのこと全然知らないから、セグロカモメが他のカモメと
比べてど〜なのか知らないけど。

あ、そ〜いえば、カモメは数年前に一度勉強して、カモメの幼鳥
などもわかるようになっていたのだ。だけど、完璧に忘れてる。
北海道でカモメの幼鳥をみて、幼鳥の足はピンクだったんだな〜
黄色じゃなかったんだな〜と改めて思ったのでした。

それにしても、昨日も今日もセグロカモメの数が少ない。
もっと干潮のときに行くべきなのか、それとももう北に旅立って
しまったのか・・・

次の冬こそ、カモメを見に、川に通おう(と毎年思っているが、
結局「かわいくないから」などの理由をつけては、行ってない・・・)
posted by タカ子 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コオリンがど〜でも良くなる?!

あこがれのコオリガモ!
広島ではなかなか見られない鳥で、これまでコオリンを見たのは、たったの1度。
数年前、山陰で、若♂が、ホシハジロの群れに混じって泳いでいたのだ!
周りの人にあまりしゃべってないので、ホントカ!?と疑われそうなくらい見られない
鳥ですが、証拠写真があるもんね!

で、北海道に行ったら、コオリンが見れるのか?でも期待はずれだったら悲しいから、
もし見れたらよしくらいにしようと思っていた。

そして、漁港をいくつか回ったが、コオリンは、けっこういるのであった。
しかも、私との距離30mとか、普通の双眼鏡で十分な距離なのであった。
まるでイヌのような顔のコオリン。
コオリンに大喜びしていた、1〜2日目。

ところが、じっくり見て満足したプラス、ウミスズメやケイマフリなどが出るものだから、
コオリンなんて、ど〜でも良くなってしまった。

広島では、はるか遠〜くの♂若しか見たことがなかったクロガモも、♂成鳥がうじゃうじゃ
いて、ピーピー鳴いているのだ。
クロガモも、ど〜でも良くなるくらい、たっぷり見たのであった。




posted by タカ子 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

冬の北海道4日目・・・キバシリ・ショ〜ック!!!

冬の北海道4日目。
朝食は7時から,宿出発は8時ということであった。
う〜む。朝食と支度に1時間はいらないぞ。
朝食は7:20から食べて,その後支度は10分できるから,
(前科1のため,8時出発の最低15分前には集合場所に行きたい)
朝食前に,宿の周りを歩いてみよう。
ということで,前日の夜に,宿周辺の地図をゲット。
目覚まし時計を朝6時にセットした。

宿の外の道路は,雪道だったはず。雪道といっても雪ではなく,道路
がスケートリンクのような状態だ。ゆっくり歩くと,周辺を歩いて戻って
くると1時間以上かかるな・・・と思っていたのだが,道路は思ったほど
凍っておらず,けっこうサクサクと歩けた。
宿を出て少し行くと,さっそく,ハシブトガラの群れがお出迎え。
と,その時

「キバシリ!!!」とK.

見ると,目の前の木の幹をキバシリがくるくると回っているではないか!
キバシリのいる木に近づいたみた。が、キバシリは全く逃げない。
お〜!私とキバシリの距離、1m!!!おお、眉斑の白、尾羽の硬さ
まで確認できる距離!
そして,またしばらく行くと,今度はなんと,「ミヤマカケス」。
そして,足湯のところまで行くと,なんと,ミヤマカケス2羽,ハシブトガラ,
アカゲラが温泉に入りに来ていたのであった。
ハクセキレイも飛び,その時,オオタカ(多分,オオタカだと思う)が飛んでいた。

そして,いったん部屋に戻り,服を着替え(コートや帽子,双眼鏡を脱ぎ,
今起きましたアピールの服),朝食会場に着いたのは,朝7:15なのであった。

朝食を食べていると,Hさんがおられるのに気付いた。キバシリのことを
教えてあげよう・・・と思っていたのだが,気付いたら部屋に戻られたようで
おられなくなっていた。

そして,バスは,屈斜路湖に向かう。屈斜路湖で,Hさんと挨拶。
「今朝,宿の近くで,キバシリ見ましたよ〜!」と私。

そうすると,Hさん。「今朝,朝食に来るのが遅かったから,寝坊したなと思った
んだよ。昨日,あこがれのIさんと話していたから,興奮して眠れなくて寝坊した
と思っていた。それなのに,キバシリを見ていたなんて!!!」と悔しそう。
超ベテランバーダーのHさんに悔しがっていただいて,超うれし〜タカ子なのでした。

そして,なんとなくみんなが集合して周辺を観察し始めた。
アカゲラ,オオアカゲラ,ミヤマカケス,カワラヒワなどを見ていると,なんと,
超〜かわい〜「シマエナガ」が現れた。なんと,かわいいんだろう!
エナガも超かわいいけど,シマエナガ,超かわい〜!

そして,コゲラなどを見ていると,突然,「キバシリ」が見えた。
「キバシリ!キバシリ!」と叫ぶ私。

キバシリを見たHさんが一言、「(キバシリが見られたから)これで,
キバシリ・ショッ〜ク!から解放された」と。

朝食前に,万年初心者の私達が見つけたキバシリを見られなかったのを
そんなに悔しがってくださるっていたとは。
なんか,ちょっとうれしいタカ子なのでした。

ああ,とても充実した4日間でした。
今日月曜日,仕事は着々と終わらせていったけど,心ここにあらず・・・
旅の余韻が残っている今日なのでした。






posted by タカ子 at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の北海道3日目・・・海鳥に大感激!!!

北海道3日目・・・納沙布岬からの海鳥観察&タンチョウ観察の予定である。

私がこの度で一番良かったのは,納沙布岬からの海鳥観察なのであった。
納沙布岬の先端に歩いていると,ベニ○ワの群れが飛んでいた。
(「北海道にきたら,どこでもいるわけじゃない」ベニ○ワらしいが,私達は3か所でベニ
○ワの群れに遭遇したのであった。他にも野鳥ツアーグループがいくつか来ていたよう
だが,その人たちはベ○○ワに出逢っていないとのことだった)
わ〜ベニ○ワ〜!!!ベニ○ワを見ようと立ち止まる私に,Hさんが言うのであった。
「(海鳥を見ないといけないから)パスするよ!」

「パスしたくな〜い!」

と心の中で叫びながら,それでも海鳥が見たいので、仕方なくHさんに追いて納沙布
岬先端に急ぐのであった・・・・
納沙布岬滞在時間は1時間とのこと。1時間しかないから,超急いでみないと
いけないのであった。

着くと,すぐに,ウミスズメの群れを発見!1羽でもうれしいのに,群れである。
エトロフウミスズメ,ウミバト,ケイマフリ,シロエリ
オオハム・・・と次々と普段見られない海鳥達が見つかるので,もう大興奮!!!
ラッコまで登場し,うねるように海にもぐり,あおむけに寝て,胸の前で手を動かして
いる。水族館で見る姿だが,荒波の中で,同じような動作をしているのである。
あっという間に,1時間たってしまった・・・短かすぎる!!!
個人で来たら,まる1日でも見ていたいのに!!!
普段なら,風が強すぎて立っていることもできないらしい岬に,風が全くなく1時間
いても,全く寒くないのであった。
午後から行く「タンチョウ」をなくして,海鳥にしてほしかった・・・
それができないのがツアーの悲しいところ。でも,冬の北海道を運転できない私は、
ツアーでしか北海道に来る勇気がないのであった・・・

---
そして,納沙布岬を出発。タンチョウを見るために,バスは別の場所へ。
タンチョウは,きれいだとは思うが,ちらっと見て,後はエサ台の小鳥を見に
行った。鳥見を始めたころに,ツルが見たかったのがなつかしい・・・

楽しみにしていた小鳥のくるエサ台。ところが,来るのはハシブトガラ,
ゴジュウカラ,アカゲラの3種のみなのであった。
ハシブトガラとコガラの姿の区別は,相変わらずできない。
だが,声が全く違うことがわかったのは,大発見であった。

---
そして,夕食の時間。私はいつか,あこがれのIさんの近くに座ってみたか
ったのであった。しかし,Iさんはいつも一番最後に空いた席に座られるのだ。
Iさんと近くの席になれる確率は,エトロフウミスズメを見つける確率と同じ
(つまり,かなり難しい)だと思った。

そして,夕食の会場に行って席に座り(席は自由),そして,しばらくしてKが
気づいた。あ,私の目の前の席(Kの隣の席)があいてる!そして,・・・・
私の目の間に,Iさんが座られたのであった。そして,クジラを探す旅,一日
2時間半を3本乗り続けた船の話等,とても楽しい話をしてくださったのだ。
超,楽しい夕食でした!
途中,Iさんは酔っているのでは???と頭がこんがらがったが,酔っては
いないらしかった。(そもそもお酒を全く飲んでいないので)

翌日の朝食は7時から,宿出発は8時ということであった。





posted by タカ子 at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の北海道2日目・・・流氷船とあこがれのベニ○ワ

北海道2日目・・・
朝5時に宿を出発。外は雪がちらついている・・・こんな中,外に出るのは嫌だなあ
と思っていたら,雪は10分ほどで止み,港に着いたときには,晴れていた。

流氷船に乗り込み,出航。流氷の中を船は進んでいくのであった。
流氷が湾の中に入りこんできているため,湾を出たあたりまで進み,そこから先には
進めないのであった。
流氷が遠くにあるときは,船は沖まで進んで流氷のところまで行くそうである。
しかし,今回は流氷がかなり陸近くまで来ているため,沖まで進めないのであった。
流氷は私たちが到着する4日前に,はじめてきたそうである。あと4日早かったら,
流氷は見られなかったのであった。また,私達が船に乗った翌日に,流氷は陸まで
押し寄せた。そのため,流氷船は欠航になったとのこと。あと1日ずれていたら、
流氷船に乗れなかったのだ。流氷船に乗ることができて,本当に運が良い。
流氷船の上で約2時間半。「もこもこ」靴下をはき,スキーウェアを着て行ったが,
1時間半くらいたったところで,耐え切れなくなり,5分ほど船室で温まり,また甲板に
あがる・・・船室にいる間は,鳥が見えないため,なるべく甲板の上にいたいのだ。
2時間半の間に,カモメ類,オオワシ,オジロワシ等を,超近くで観察することができた。
あまりの近さに大感激である。
流氷船は楽しいが,超凍えるため,2時間半が寒さに耐えられる限界なのであった。
見たいという気持ちより,もう寒さに耐えられない気持ちの方が大きくなった頃,
船は陸に戻った。
そして,あたたかい朝食。朝食の後は,バスで漁港や草原を周り,カモや小鳥を探す
ことになった。
流氷.JPG
---
朝食後,バスは出発。トイレ休憩の時間,必死に草原をベニ○ワや,ユ○○オジロが
いないか探す。トイレ休憩が1時間に1回ほどあり,そんなにトイレに行く必要もない
ため,その時間もフル活用して,小鳥を探した。
どうやら,ツアー参加者16名のうち,Iさんを含めて,鳥を探しているのは,5人だけ
なのであった。あとの人は,全く探す気が無いのであった。
トイレ休憩の時も必死に小鳥を探す私達。そのとき,Iさんが隣にやってきた。
ので,「ベニ○ワとユ○○オジロが見たいんです!」とリクエストしてみた。
そうすると,Iさん。「ぼくだって見たいよ。北海道だからってどこにでもいると思ったら
間違いだよ」
そうなのかあ・・・北海道に来たら、見れるものだと思っていたよ・・・トホホ

そして,バスは進む。・・・と,バスの中から,小鳥が10数羽飛んでいるのが見えた。
Iさんが叫ぶ。

「ベニ○ワ!」

そして,バスを止め,望遠鏡にベニ○ワを入れ,私の肩をたたき「早く望遠鏡を見ろ」
と合図をくださったのだ!
私がベニ○ワを見たいと言ったのを,覚えていてくださった
のだ!大感激!
8年くらい前からベニ○ワを探し続け,ずっとニアミス続き。これまで何日,ベニ○ワを探し
歩いたことか。私はベニ○ワはもう見れない運命なのだと思い始めていたところなのであった。

ああ,あこがれのベニヒワは,思ったより小さいのであった。そして,思ったより黒っぽい
のであった。そして,雌の頭の赤,雄のためいきがでるような胸の赤を見て,幸せな気持ちに
なるのであった。

---
1日目の夕食のカニは「毛ガニ」であったが,2日目の夕食のカニは「ハナサキガニ」
なのであった。そして2日目には,カニの正しいはさみの入れ方を,大先輩に教えて
いただいた。
私には2つの特技がある。1.どんなサザエもきれいに取り出せること。
2.車に入ってきた毛虫を,葉っぱの上に乗せて,車の外に出せること。
この2つの特技に,今回新たな特技が加わった。カニにはさみを入れて,きれいに
身を取り出せるようになったよん!

---
おとどしの9月に道東に行っているため,夏にどんな場所か知っている。
そこが,冬にどう変わるかわかったのが,とってもおもしろかった。
夏には,「湾」になっていたが,「湾」は全て雪なのであった。夏に来ていなかったら、
草原の上に雪が積もっていると思うだろう。だが、実際は、湾全体が雪原になって
いるのであった。
また,川が,川ごと凍っていたのには、超驚いた!
川が流れたまま凍っている!
これが,冬の北海道かあ・・・バスで道を通ると,あちこりの家で,雪かきをしている・・・
その雪の置き方が,通る邪魔にならないようにきれいにおいている。普段,見ない光景
にいちいち感激した旅なのであった。





posted by タカ子 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の北海道1日目・・・切符を失くすK

数年前から行きたかった冬の北海道(道東)に,とうとう行ってきました!
最近の道東は,超吹雪大雪で大変な天気のようですが,なぜか私が
行った4日間だけは,小春日和。広島とそんなに変わらないのでは?と
いうくらい,穏やかな4日間でした。
まあ,天気予報が100%豪雨だろうと,私達が旅行に行くと,必ず
ピンポイントで晴れるのは晴れるのですが・・・

----
北海道1日目
朝6時の新幹線で出発。しばらくした時,Kが言う。
「あ,特急券がない!」
そして,かばんの中,新幹線の通路・・・と探し続けるが,特急券はない。
しばらくして,Kが朝食を食べ始めた。
なので,「あった?」と聞く私。
そうすると,「ないけど,あきらめたんよ!!!」と言うK。

それからしばらくして,車掌さんが切符を見に来られた。
特急券を失くしたことを車掌さんに説明するK。
「よく座席の下にあることがあるんですよ」と座席をぱかっとあける車掌さん。

「あった〜!」と叫ぶK・・・

がしかし,それは,切符に似ている単なる模様であった・・・
車掌さんが,広島駅に落ちていないか電話してくれるということで,車掌さんは
いったん出て行かれた。

そして・・・また時はたち・・・そろそろ,富士山が見えるのではないか!と
思った私が窓をみた瞬間,富士山が、真横見えた!!!
なんと、美しい!!!富士山は、すぐにわかるわ〜!!他の山とは,すそ野が
違うよね・・・もっと見たい!!!
が,富士山が見える窓とは反対側に座っている。
ので,仕方なく,席を離れ、出口へ。
そして,出口まで行ったが,富士山はもうなかった。
そう,富士山は一瞬で通り過ぎたのであった・・・
ああ,残念!と席に戻ると,車掌さんが,私たちの席の横でつっ立っていた。
「ったく。どこに行ったんだ。あの切符をなくしたやつは」と思ったことだろう。
そして,戻ってきた私達をみて,車掌さんが言う。
「広島駅に電話したら,拾って届けてくれた人がいましたよ」
ということで、再度切符を買わずに済んだのであった。

こうして,いつもどおり1日目から珍道中が始まったのであった・・・
珍道中でない旅が,いままで一度もないところが, びっくりなところである。

---
そして,11時前に羽田空港に到着。
前に一度,航路の案内をしてくださった,あこがれのIさん(ガイドさん)に挨拶するも,
前に参加したことは覚えられていなかった・・・トホホ

そして,羽田空港から,中標津空港へと向かう。
中標津空港の気温は0度とのこと。北海道にしては,案外高いじゃん。

---
そして,とうとう北海道に到着!
まずは,漁港を2つほど周り,カモ・カモメを観察。

銚子では,「基本カモメ8種」という頭に入れておくべきカモメがいるらしいが,
道東では,「基本カモメ」は,たったの「3種」しかいないらしい。
道東にいるのは,オオセグロカモメ,ワシカモメ,シロカモメのみなのだそうだ。

私が普段見られない3種が,基本3種だなんて,ホント,感激。
好きなだけ,成鳥冬羽,成鳥夏羽,若鳥を見ることができた。
ワシカモメ,シロカモメが,フツーにいるため,かなりたくさんの個体を見ることが
できた。
先生がたくさんいるため,丁寧に教えていただき,なんとなく識別ができるように
なってきた。
それにしても,おなじオオセグロカモメでも,微妙に色が違い,やっぱりカモメ
の識別は難しいなあと思った。

そして,カワアイサ,ウミアイサ,クロガモ,ホオジロガモ等のカモ達も見ることが
できた。カワアイサ,ウミアイサは見慣れているが,広島ではクロガモは毎年若
鳥しか見ないので,黄色い嘴をした成鳥♂がたくさんいるのに,感激した!

---
そして,夕食・・・毛ガニ,たらこ,しらこ,刺身・・・海づくしの料理なのであった。
そして,このあと,食べすぎで全くお腹がすかない4日間を過ごすのであった。
バイキングの朝食を少なめにしようという目論見であったが,あまりにおいしそう
な朝食についつい食べすぎてしまい,結局4日間食べ過ぎの旅を過ごすのであった。

---
そして,夜が1日目の本番なのであった。
そう,シ○○クロウ!これが,1日目のメインなのだ。
夜7時から2時間の間に,数回は見られるだろうということであった。
6時半に,宿を出発とのことであった。
夕食の後,Hさんとおしゃべりしていて気付いたら,6:28であった。
6:28にHさんが気づいてくださった後,部屋に戻ってコートを取ってくる必要が
あったのであった。Hさんの部屋は1階,ところが私たちの部屋は2階にあるの
であった。全速力で走ったがバスについたのは多分,6:32頃であっただろう。
・・「遅刻」・・・という前科ができてしまった。
それなのに,それなのに,あわててバスに走る私に向かって,
あこがれのIさんは,私に向かって言ったのだ。

「大丈夫?」と。

遅刻したのにもかかわらず,心配してくださったのであった。

そして,7時から,凍えながら待つこと2時間。ずっと遠くで鳴き交わしをしていたシ○○
クロウの声が,とうとう目の前にやってきた。そして,Kがシ○○クロウが飛ぶ影を見た。
そして,シ○○クロウが,とうとう目の前の川に降りてくるようであった・・・

その時!

ジャリジャリジャリジャリジャリジャリジャリジャリ・・・・
男の人が,川のそばを大きな足音をたてて,鼻歌をうたうように楽しげに歩いていったの
であった。

恐れをなしたシ○○フクロウ。
そして,辺りは静まりかえり,その後,二度とシ○○クロウが鳴くことはなかった・・・

ガ〜ン・・・

ツアー参加者は、みな、激怒していた。
まあ,それでも,私としては,初めてシ○○クロウの鳴き交わしの声を聞けくことができ,
大感激したのであった。
神様の姿を見るのは,また今度でもいいや,と思えるほど,素敵な鳴き交わしの声なのでした。

翌朝は宿を5時に出発で流氷船に乗るということで,急いでお風呂に入り,眠ったのであった。










posted by タカ子 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

雪の中へ

今日は振替で休みだったので、雪の積もる山の中を歩いてきました。
とても静かな山の中でした。
ヤドリギの実がたくさんなっていて、食べたら超おいしかった〜!


見た鳥...アトリ、ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、ミソサザイ、
アオゲラ、トビ、コゲラ、マヒワ、ハシブトガラス

ウサギの足跡、ネズミの足跡、キツネの足跡、
posted by タカ子 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

エナガとルリ

最近、土日のどちらかで仕事などの用事があるので、遠出できない・・・
で、久しぶりに裏山に行ってみました。

そうしたら、なんと、大木が2本、切られていました。
これまで、イカルや、シメや、アトリや、メジロや、カラの方達やアオゲラ
などがいつも来ていたのに・・・
とても、ショックでした。

あ、コゲラは、ペアが3組くらい、飛び回ってました!

裏山の鳥---
ルリビタキ♂、♀、アオジ♂、♀、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラ3ペア、
ジョウビタキ、ツグミ、シロハラ♂、♀、エナガ群れ(超かわい〜!)、
ボソ、キジバト、メジロ、トビ、他

posted by タカ子 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする