2019年07月03日

ヤンバル2日目

2日目。4:30起床。
ヤンバルクイナを見るために、道路沿いを車で走る。
その時、

た〜〜〜〜〜

一瞬のことであった。2車線通れる広い道路を、ほんの一瞬で
渡ったのは、間違いなくヤンバルクイナ!

く〜〜、素早い!警戒心、強っ!

しかし、この日は、雨が時々降っていたためか、その後7羽の
ヤンバルクイナが道路を渡った。
そのうち、2羽ほどは、警戒心が薄く、道路の端で、足を交差させな
がら、ゆっくり餌を探して歩いていた。成鳥雌のようだった。
今回の旅では、雛や幼鳥は見られなかった。しかし、3日目の朝も
5羽見た。しかも2羽は、けっこうじっくり見れた。

こんなに簡単に、見れるとは〜!!!

そして、ノグチゲラも、今回の旅で、たくさん見ることができた。
ノグチゲラは、あちこちで鳴いており、しかも警戒心も薄く、
こちらで見ていても全然気にせず、のんびり木をつついていた。
大きな鳥なので、木をつつくと、とても迫力がある。
図鑑を見ると、ノグチゲラは、ペアか家族単位で行動するとあるが、
私たちが見たのは、なぜか雄成鳥1羽のみであった。いつも雄1羽
なのであった。
図鑑で見て、茶色い地味な鳥だと思っていたが、実際に見ると、
茶色に重なる赤が、なんとも美しい!本当に、なんと美しい鳥なん
だろうと思った。

2日目の早朝にして、すでにヤンバル3点セット(ヤンバルクイナ、
ノグチゲラ、ホントウアカヒゲ)+エリグロアジサシ、ベニアジサシ
を見終わったのであった。

その後、リュウキュウアカショウビン、リュウキュウサンコウチョウの
声を聞いた(姿は見られず・・・)。

ヤンバルを堪能した後は、アジサシ類探しに、島を巡った。あちこちに
ビーチがあり、観光客がたくさんいた。
あちこち探したが、いたのはエリグロアジサシとベニアジサシだけで、
それ以外のアジサシ類は見つけられなかった。

夕方、リュウキュウヨシゴイ探しに、田んぼへ。
長い間待ったが、とうとうリュウキュウヨシゴイを見ることはできなかった。
暗くなった時に、茶色っぽいサギが飛んでいたが、リュウキュウヨシゴイ
かどうかは、不明・・・きっと、リュウキュウヨシゴイだとは思うのですが・・。
ゴイサギ、ホシゴイは川沿いの木をねぐらにしていた。
posted by タカ子 at 17:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この時期は家族連れが見られるので、留鳥を見るにはいいですね。私もこの時期も考えてみようかな。どうしても沖縄は2月、3月のイメージがありますね!
Posted by ビロキン at 2019年07月24日 15:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。