2018年08月15日

4日目(信州の旅2018)

4時30分起床。車の窓を開けると、メボソムシクイが囀りまくっていた。
30分ほど囀りを楽しみ、出発。別の場所へ移動するため、いったんレンタカーを
返却し、JRで移動。再度別のレンタカー屋さんでレンタカーをする。
この日は、たまたま通りかかった小さな神社2か所で鳥見をしたが、キジバト
とイカルくらいだった。イカルが普通に神社で見られるところがいいですね。
この日は、ほぼ1日、移動で終了。夕方、宿に着き、とても親切な素敵な夫婦の
宿で、また泊まりたいと思った。
夕食の前に、近くの森を歩いたが、夕方だというのに、鳥の声が全然しない。
ウグイスとホオジロとクロジの声がするのみで、他の鳥の声は全然聞こえない。
もう南へ渡ってしまった後なのだろうか。
夕食がすごくおいしかった。見た目からして、なんとオシャレで素敵なことか。
音楽もかかった部屋で、とても素敵な雰囲気だ。宿の方が、20時から星空観察
があるよと教えてくださったので、とても行きたかったのだが、他に行きたい場所
があったので、あきらめた。
夕食後、車で林道をずっと走る。2人だから全然怖くないが、1人だったら怖くて
たまらないほど明かりが全くない山の中。車を停めて外に出ると、真っ暗で何も
見えない。そして、空を見上げると、これまで1度も見たことがない星空があった。
あまりの星の多さ!あまりに暗いため、小さな星も全部見える。真っ黒の空に
散りばめられた小さな小さな星。あまりにも小さな星がたくさん見えるので、雲か
と思ったが雲だったら、星が見えるはずがない!これが宿の人が見えると言って
いた天の川!
前日の流れ星も素敵だったが、それよりもこの真っ暗な空に無数に光る星。
今回の旅の、一番はこの日の星空だった。
宿に戻って翌朝、星の観察会に参加した人の話を聞くと20分ほど星がよく見えて
その後曇ったとのこと。私達は宿からかなり離れたところまで行っていたので、
曇ることなく、星を満喫できたのだった。
posted by タカ子 at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]