2018年08月15日

3日目(信州の旅2018)

朝4時30分起床。10分で支度して散策に出る。林はメボソムシクイ、ルリビタキ
のさえずりでいっぱいだ。ウソが遠くて鳴いている声がする。ホシガラスが上空を
飛んでいた。ここで、バーダー夫婦に会い、情報交換。バーダー夫婦は、ホシガラス
が松の実を食べるのを動画に撮っていた。
7時の朝食に間に合うように宿に帰った。朝食は6時と7時のどちらかの選択だった
が、ほとんどの人がやっぱり6時だったようで、7時組は私達を入れて8人のみだった。
ここでもとても気さくな4人と一緒に朝ごはんを食べ、木が積んである間にヤマネが
寝ていたのを昼間見つけただの、知り合いの別荘の布団の中でヤマが寝ていただの、
30年毎年この山小屋に泊まっているが、何も変わらないだの、とても興味深い話を
たくさん聞けた。
朝食後、白駒の池に向かった。ニュウの森など、苔の森を歩き、ヒガラ、コガラ等
が飛び回るのをみたり、ウソの声を聞いたり、キバシリが木を登っているのを見た
(キバシリは、私だけ〜!)
森の道が険しく、また登山靴が2日目から壊れてしまっていたため、超疲れ、午後
早めに温泉へ。温泉後、夕方、鳥が鳴く時間を見計らって森へ。
ところが、いつもの雷・・・雨・・・ということで、鳥見はあきらめ、車中泊へ。
夜中に目を覚まし外に出ると、そこには、360度の星空が広がっていた。
少し見ているだけで、流れ星が2つも流れた。Kを起こし、2人で流れ星を見た。
今晩がペルセウス流星群が一番流れる日だ。結局、全部で20個ほどの流れ星を
見て満足して寝た。
posted by タカ子 at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]