2017年08月02日

バーチャルリアリティ

少し前の話ですが、街中を歩いていると、ギャラクシーの展示をしていました。
VRが体験できるとのことで、体験しました。

VRを体験するのは、2度目。昔(といっても数か月前)にとても感動したので、ぜひもう
一度と思って。
ただ、VRっていうことだけしか知らず、その内容が、ジェットコースターに乗ったような気分に
なるとも知らず・・・
私、中学生くらいまでは平気だったのに、最近、ジェットコースター、超恐くて乗れません。
だけど、そのVR,椅子に座って、まるで本物のジェットコースターに乗っている気持ちになっ
たんです!なので、ところどころ、目を閉じてしまった・・・恐くて・・・

そして、思ったんです。まるで本物みたいだけど、目さえ閉じれば、全然恐くない。本物の
ジェットコースターなら、目を閉じても、胸の中にこみあげてくるあの気持ち・・・
それが、目をあけていると本物に感じるのに、目を閉じると感じない・・・

「目で多くを感じてるんだ!!!」というのが私の感想でした。
(ゴーグルをかぶるだけでまるで本物のジェットコースターに乗ってると感じた。現実との区別
がつかなかった。なので、目だけで体験ができるんだ、他の五感より視覚を一番使っているん
だと思った)

そして、後日、KがVRを体験。
そして、Kの感想は、

「目だけで感じでいるわけではないんだね。普段、目以外の五感を使っているんだね!」
(目を閉じると何も感じないから、五感は、目だけではない)

同じ体験をしても、違う感想を持つものですね。


posted by タカ子 at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]