2012年05月08日

MISHIMAの旅2012-3日目-盛りだくさんの3日目!

MISHIMA3日目は、特にすごかったよ!

朝4:30に出発。まだ外は真っ暗。
真っ暗な中、進んでいくと、突然ヨタカが木から
飛び立ち、目の前を通過して、森に入って行っ
た。♂だった。おお、今年もちゃんと、渡ってる
んだ〜!!今年もちゃんと来てるんだ〜!
とってもうれしくなった。

しばらく行くと、また突然木の枝から飛び立って
目の前を飛び、すぐに森に入る鳥がいた。
アオバズクだった。おお!アオバズク。

昼間には、夏羽のハジロコチドリが岩に座って
いた。
ハジロコチドリはいつも冬に見るから、夏羽は
初めて。図鑑どおりの夏羽のハジコチがいた。
だけど、私的には、冬羽の方が好きかな。

草原には、ヒメコウテンシがいた。
ツバメチドリも飛びまわっていた。

夕方、ブッポウソウがいると聞いたので、その
場所に行く。が、ブッポウソウは既にいなくな
ったとのこと。
遠くの木の枝には、チゴハヤ2羽が休んでいた。

と、突然、「ゲゲゲゲ」と声がした。
見ると、ブッポウソウが森の中から出てきた。

なんと、美しい羽の色だろう。なんとも言えない
青い羽の色に、真っ赤な嘴、
特に飛んだときの白斑はとてもきれいだ。

一通り鳥見を終え、最後に宿の近くを歩いていた。
もうかなり暗い・・・とその時・・・夜の鳥の声が聞
こえてきた。

なんだろう???コノハズクでもなく、アオバズク
でもなく・・・

なんと、「ミ・ゾ・ゴ・イ!」だった。
30分ほど囀りを聞き続けた。ミゾゴイの声を聞い
たのは初めて。とても素敵な声だった。
夜21:00頃Nさんが聞きに行かれたが、まだ鳴
いていたとのことだった。
(翌日も確認に行ったが、いなくなっていた)

ミゾゴイの声は本当に素敵な声だった。
SさんもKも私も、ミゾゴイの♀じゃないけど、
あの声には魅かれた。

posted by タカ子 at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タカ子さん
 いい旅されてますねぇ.
 こうしたハードな鳥見をしないと,例え見島でもこうした結果は得られません.
 それにしても,タカ子さんはヨタカとの遭遇が多いですね.
 ミゾゴイの囀りを聞けたことはラッキーこの上ない.
 未明から夜まで歩いたからこその結果ですよ.

 春の見島は,昨年まで7回連続で訪島しましたが,
 今回は浮気して,トカラ&大授搦に出かけました.
 見島の情報が気になって気になって…
Posted by kenzou at 2012年05月09日 08:09
kenzou様。
コメント、ありがとうございます。
ヨタカは、とても好きな鳥です、特に声がとても
好きです。
大授搦、GW後半は大潮だったみたいですね。
夏羽のシギチの群れ、見たかったです。来年は
潮汐を早めに調べて、大授搦にもぜひ行きたいです。
見島は雨がけっこう降ったにも関わらず鳥が少なか
ったです。渡りが遅れているのでしょうか???

Posted by タカ子 at 2012年05月09日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック