2008年12月30日

いよっ!宝島!!!

だらだら広島で過ごしていましたが、今日、宝島に帰りました。


SSさんが、『島だから鳥が多いかと思ったのに、セグロカモメしかいない、がっかり』した島です。


H大先生が、『Y川が広島県で1番大きい芦原だと思っていたんですが、今私がとても行きたい島があるんです』と言われた、あのH大先生あこがれの草原。


目的は、もちろん、今年も越冬に来ているであろうチュウヒ。


夕方一時間ほどで、芦原を一周する。


今回初めて私の父(以下Tさん)も参加。

鳥を全く知らないTさんに、カワウを望遠鏡に入れて見せようとしたところ、Tさん、
『カラスもいっぱいおるのぉ』


カラスじゃなくて、カワウ、、、カラス見てる。鳥見一日目で、すでに望遠鏡を使いこなしてる!


しばらく歩いていると、カラ混群に遭遇。
Tさんに見せようと、望遠鏡に必死に入れようとすれど、なかなか入らない。


と、隣を見るとTさん、
『あの黒と白のシマシマの鳥は何じゃ?』
と、見ているのは、コゲラ君じゃないですか。


Tさん、その後も、双眼鏡で順調に、すばやいエナガ、メジロなどを見ていく。
今日が鳥見一日目だと言うのに、ホシハジロ、カイツブリも一回で覚えたらしい。



寒いけん、もう帰るかぁとTさんが言っているにもかかわらず、

え〜と言うK。『ベニマシコ見たらね』なんて言ってる。


チュウヒいないね、絶対いるのに!と私。


まだ、来てないのかもよ。ここ寒いじゃん、もっと暖かくなって三月頃来るんじゃない?とK。


何言っとんよ。ここはよそに比べればが暖かいよ。いるはずよ!


その時、Tさん、
『あれじゃないんか』


なんと、まさしく、チュウヒでした。


カッコイイ顔。
茶色い羽。翼先が黒い。背中面に白い羽が混じる。ああ、かっこいい。
行っちゃった。



一羽なのかなあ?去年は二羽同時に見たから、最低二羽いた(たぶん三羽いた)んだけどなあ。


ベニマシコの声がする。アオジの声もする。ここら辺かな?探していた時、またTさん、
『あれじゃないんか』


また真上にチュウヒ。

おぉ、カッコイイ!


やっぱり宝島!チュウヒ君、今年もよく来たね!
必要ない道路なんて作らないでよ!チュウヒや小鳥たちの大事な場所なんだからね!


それにしてもTさん、本当に初心者なのか!?
飛行中のチュウヒを双眼鏡に入れて見ていました!
私なんて一日目は、木にとまっている鳥さえ、双眼鏡に入らなかったのに。
でも、トビとチュウヒの区別はつかなかったみたいですけどね。
ま、トビもかっこいいから仕方ないかな。



今日の鳥(3時半〜4時半)−宝島芦原にて。
チュウヒ、トビ、ベニマシコ、コゲラ、エナガ、カワセミ、アオジ、ホオジロ、カワウ、カイツブリ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、マガモ、ホシハジロ
posted by タカ子 at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 宝島の鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
味わい深い記事に思わずコメント。
Tさん、ガンバ!
Posted by K@巣篭もり中 at 2008年12月31日 09:15
Tさん、朝一の言葉。
『今朝、屋根の上に緑色の頭の鳥が、とまっとったが、あれはどういう名前の鳥かぁ?スズメとは違っとったのぉ』

夕方、『朝の鳥がおった。来てくれ』→見に行きましたが、すでにおらず。

図鑑を見せましたが、シロハラ、ホオジロ、モズ、ヒヨドリでもないらしい。

スズメより大きいらしいのだが、多分カワラヒワかシロハラあたりだと思うのですが?
図鑑がない。子供用動物図鑑の『とり』のページには、20種くらいしか載ってな〜い。
Posted by タカ子 at 2008年12月31日 17:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック