2018年08月15日

最終日(信州の旅2018)

朝4時30分から森の中を歩く。が、全然さえずりが聞こえない。鳥の気配も
感じられない。普通、鳥が鳴いてなくても、鳥がいれば気配を感じる。が全く
気配がなかった。もう南へ旅立ってしまった後なのだろう。6月、7月に
また来たいなあ・・・
5時頃になって、違う場所に移動。アカハラが囀りまくっていた。アカハラの
姿をどうしても見たくて粘っていたら、囀るアカハラが見えた。また、道路で
虫を食べるアカハラ、幼鳥のアカハラも見ることができた。
モズ家族(2家族8羽ほど)も見ることができた。また、アオジ、クロジの幼鳥
や、アカゲラ、サンショウクイ、イカル、キビタキもゲット!
森の中を歩いて満足した後は、移動し、湿原を歩き、モウセンゴケ、ワタスゲ(花
は終わっていた)等を見て歩いた。カッコウ等は鳴かず(もう旅立った?)、
ホオジロとウグイス以外の鳥は見られなかった。
家に帰りついたのは21:30・・・洗濯する元気もなくお風呂に入ってすぐに寝た。
今回の旅は、鳥は遅かったようなので、次回は6月頃に行きたいなあ・・・
現地の人の話によると、6月上旬から中旬になると鳥がやってくるようで、
6月か7月が一番いいみたい。今年はさらに植物も動物も早まってるから、お盆では
遅すぎました。それでも、あの星空が見れたから、やっぱり来て良かったかな。
紅葉の時期もきれいらしいけど、でも、その時期だと鳥がいないしなあ・・・
ということで、いつか6月後半くらいに行きたいなあ・・・
posted by タカ子 at 17:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5日目(信州の旅2018)

朝一でいつもどおり周辺を散策。おいしい朝ごはんの後、さらに別の場所へ移動。
森の中や高原を歩いた。その日はそこで車中泊の予定だったが、どうしてももう1度
昨日の場所で星が見たくて、温泉の後、雷雨の中、また4日目の場所の近くまで戻って
車中泊することにした。道に迷いながら(雷雨はすごいわ、霧は発生するわ、で大変
だった)やっとのことで4日目の場所の近くへ。到着して車の外へ出ると、そこには
息をのむような星空が!しばらく星を見て眠り、夜中に再度星を見ようと目を覚まし
たが、夜中から朝方までずっと霧を覆い、星空はもう見られなかった。
posted by タカ子 at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4日目(信州の旅2018)

4時30分起床。車の窓を開けると、メボソムシクイが囀りまくっていた。
30分ほど囀りを楽しみ、出発。別の場所へ移動するため、いったんレンタカーを
返却し、JRで移動。再度別のレンタカー屋さんでレンタカーをする。
この日は、たまたま通りかかった小さな神社2か所で鳥見をしたが、キジバト
とイカルくらいだった。イカルが普通に神社で見られるところがいいですね。
この日は、ほぼ1日、移動で終了。夕方、宿に着き、とても親切な素敵な夫婦の
宿で、また泊まりたいと思った。
夕食の前に、近くの森を歩いたが、夕方だというのに、鳥の声が全然しない。
ウグイスとホオジロとクロジの声がするのみで、他の鳥の声は全然聞こえない。
もう南へ渡ってしまった後なのだろうか。
夕食がすごくおいしかった。見た目からして、なんとオシャレで素敵なことか。
音楽もかかった部屋で、とても素敵な雰囲気だ。宿の方が、20時から星空観察
があるよと教えてくださったので、とても行きたかったのだが、他に行きたい場所
があったので、あきらめた。
夕食後、車で林道をずっと走る。2人だから全然怖くないが、1人だったら怖くて
たまらないほど明かりが全くない山の中。車を停めて外に出ると、真っ暗で何も
見えない。そして、空を見上げると、これまで1度も見たことがない星空があった。
あまりの星の多さ!あまりに暗いため、小さな星も全部見える。真っ黒の空に
散りばめられた小さな小さな星。あまりにも小さな星がたくさん見えるので、雲か
と思ったが雲だったら、星が見えるはずがない!これが宿の人が見えると言って
いた天の川!
前日の流れ星も素敵だったが、それよりもこの真っ暗な空に無数に光る星。
今回の旅の、一番はこの日の星空だった。
宿に戻って翌朝、星の観察会に参加した人の話を聞くと20分ほど星がよく見えて
その後曇ったとのこと。私達は宿からかなり離れたところまで行っていたので、
曇ることなく、星を満喫できたのだった。
posted by タカ子 at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3日目(信州の旅2018)

朝4時30分起床。10分で支度して散策に出る。林はメボソムシクイ、ルリビタキ
のさえずりでいっぱいだ。ウソが遠くて鳴いている声がする。ホシガラスが上空を
飛んでいた。ここで、バーダー夫婦に会い、情報交換。バーダー夫婦は、ホシガラス
が松の実を食べるのを動画に撮っていた。
7時の朝食に間に合うように宿に帰った。朝食は6時と7時のどちらかの選択だった
が、ほとんどの人がやっぱり6時だったようで、7時組は私達を入れて8人のみだった。
ここでもとても気さくな4人と一緒に朝ごはんを食べ、木が積んである間にヤマネが
寝ていたのを昼間見つけただの、知り合いの別荘の布団の中でヤマが寝ていただの、
30年毎年この山小屋に泊まっているが、何も変わらないだの、とても興味深い話を
たくさん聞けた。
朝食後、白駒の池に向かった。ニュウの森など、苔の森を歩き、ヒガラ、コガラ等
が飛び回るのをみたり、ウソの声を聞いたり、キバシリが木を登っているのを見た
(キバシリは、私だけ〜!)
森の道が険しく、また登山靴が2日目から壊れてしまっていたため、超疲れ、午後
早めに温泉へ。温泉後、夕方、鳥が鳴く時間を見計らって森へ。
ところが、いつもの雷・・・雨・・・ということで、鳥見はあきらめ、車中泊へ。
夜中に目を覚まし外に出ると、そこには、360度の星空が広がっていた。
少し見ているだけで、流れ星が2つも流れた。Kを起こし、2人で流れ星を見た。
今晩がペルセウス流星群が一番流れる日だ。結局、全部で20個ほどの流れ星を
見て満足して寝た。
posted by タカ子 at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2日目(信州の旅2018)

2日目朝。
車中泊しやすいところに泊まっていたため、朝の鳥のさえずりは聞こえず。
5時、すでに明るい車の外に出ると、空がとてもすんでいて、遠くに紫色の
雲がかかっている。高原の朝という感じだ。
まずは、車山高原に出かけた。山頂まで歩く。途中でホオアカ、ノビタキ
が飛び回っていたが、他にはルリビタキ、メボソムシクイの声くらいで、
鳥はいまいち・・・それでも、ホオアカの地鳴きはわかるようになった。
結局、今回歩いた道は、一番長い距離で大変な道だった・・・しかも鳥も
ほとんどおらず・・・ということで超疲れた。
山頂近くで、ノビチャがジャッジャッうるさく飛び回っていた。
ノビチャ.JPG

昼からは、踊場湿原を歩いたが、暑いし、ホオアカしかいなかった・・・
春ならいろいろな鳥がいるんだろうな〜と思いながら、「鳥がいない確認も
必要」とHさんがよく言われるセリフを言うと、「それはいる時期も経験して
る人ね。私はいない時期の確認は必要ない」とK。
高原は、Wさんに教えていただいた通り、すでに秋の気配。蝶やトンボ、
植物がわかる人なら楽しめるんだろうけどねえ・・・
2日目は山小屋に宿泊。屋根裏のような場所の素敵な数十人が寝れる
場所に泊まった。ここに泊まるのは2回目だ。
夜ご飯は、全員一斉に食べる。20数人くらいが泊まっていて、いつもぎり
ぎりまで外を出歩く私達はいつもぎりぎりのため、真ん中の席しか空いてい
なかった。でも、隣の人達がとても楽しい人達だったため、素敵な夕食の時間
になった。50代くらいのお父さんと、高校1年生で山岳部に入った息子さん。
2人で4泊くらいで山小屋に泊まりながら、山を縦走しているそう。何にでも
興味をもつお父さんは、私達の話で鳥にも興味を持ったようで、今度会うこと
があれば、鳥を見る人になっているかもね、とKと話した。
夜7時からは、宿のご主人の、コケの紙芝居があった。もちろん参加するに
決まっている。オオツボゴケというコケについての話で、すごくおもしろく、
翌日からコケを見るたびに、じっくり見て歩くようになった。コケといっても
いろいろな種類があり、よく見るコケがいろいろあったが、見ていて全然
飽きなかった。
夜、外に出てみると、星がところどころ出ていた。しかし、すぐに雲で隠れ、
という感じ。山の天気は変わりやすいというけど、本当に5分おきに、さ〜っ
と晴れて星が見えたり、見ているとすぐに雲に覆われてまったく見えなくなっ
たり・・・という繰り返しだった。すぐ星が雲に隠れてしまうので、星はあき
らめ、9時過ぎに寝た。
posted by タカ子 at 17:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日目(信州の旅2018)

朝5時台に出発し、信州に着いたのは昼過ぎ。
レンタカーして、お昼ご飯を食べ、その後まずは八島ケ原湿原へ。
モズが鳴き、シジュウカラ、ヒガラが飛び回り、ノビタキもジャッジャッと
うるさい。ノビタキの幼鳥が飛び回っている。
ヤナギラン、マツムシソウ、コオニユリ、ヨツバヨヒドリ、シシウド、
ヤマトラノオ、エゾカワラナデシコ、ヤマホタルブクロ、アカバナ
シモツケを見ながら歩く。

ヤナギラン.JPGコオニユリ.JPG

そして、高原でホオアカを見ていると、Kが遠くのキツネを発見!
キツネと目が合った。キツネは私の目をじっと見つめている。
しばらくしてキツネは、私を見るのを飽きたのか、歩いて行った。
標準時間を大幅にオーバーし、散策を終了。(私達は標準時間よりだいたい
1.5〜2倍の時間がかかるようだ)
やはりお盆では、鳥も花も遅いようで、どこの高原でもニッコウキスゲは
1つも咲いていなかった。今回は3回目だが、これまで2回はお盆でも少し
は咲いていたのに・・・
今年は、例年より、植物も鳥も早いような感じで・・・
ほとんどの鳥は、すでに渡っていってしまっているという感じだった。
歩き疲れたが、もう1か所回ろうと移動したところ、雷雨にあったため
1日目の散策は終了して、温泉へ。
温泉に入り、夜ご飯を食べたところ、すごい雷雨があり!どしゃぶりの
雨が止んだすきをねらって車へ。
雷雨の中の車中泊。数年前は、雷雨の中、車の中にいるのがとても
恐かったが、慣れてしまったのか、全然平気!どしゃぶりの雨とすごい雷
の中、ゆっくり車中泊。この雨は、本当にすごかったらしく、その後
出会った人達が口を揃えて、昨日の雷は、本当にすごかったね!という
ほどすごい雷だった。ただ、私達がいた場所は雷の音はすごかったが、
雷からは少し離れた位置だったようだ。音と光の間がかなりあったから・・
といってもそれでもすごい音だったが・・・
朝トイレで、70代くらいの女の方と少しおしゃべり。名古屋から毎年
涼しいからと信州に来ているとのこと。年をとっても毎年高原を歩いて
車中泊しに来るなんて、素敵だな・・・と思った。
posted by タカ子 at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信州の旅2018

5泊6日で信州に行ってきました。
なんと、毎夕雷雨!!!そして、毎晩、美しい星空!!!
この旅で一番良かったのが、星空!!!本当に真っ暗な何もない山の中で見た
天の川!!!二番目に良かったのが、流れ星でした!

今回の旅で出会った
(鳥)モズ、ヒガラ、コガラ、ツバメ、ノビタキ(成鳥、幼鳥)、カルガモ、
シジュウカラ、ホオアカ(成鳥、幼鳥)、メボソムシクイ、サンショウクイ、
ブト、ホオジロ、クロジ(成鳥、幼鳥)、アオジ(成鳥、幼鳥)、イカル群れ、
ヒヨドリ、アオサギ、ハチクマS、アカハラ(成鳥、幼鳥)、キセキレイ、
ハクセキレイC,ゴジュウカラ、キビタキ♀、メジロS,ホオジロ、アカゲラ、
コゲラ、センダイムシクイ

(植物)モウセンゴケ、ノハラアザミ、ヤナギラン、マツムシソウ、ヤマハハコ、
コオニユリ、ヨツバヒヨドリ、シシウド、ツリガネニンジン、ヤマトラノオ、
エゾカワラナデシコ、メタカラコウ、ヤマトラノオ、ワレモコウ、シラヤマギク、
イブキボウフウ、ヤマホタルブクロ、アカバナシモツケ、シラカバ、ミズナラ、
ダケカンバ、ヤマウルシ、ノリウツギ、ホオノキ、

(その他)キツネ、サル、シカ、ヒョウモンチョウ系、セセリ系、アサギマダラ、
トンボ、カエル
posted by タカ子 at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする