2019年10月08日

韓国アンサンブル

韓国アンサンブルを聞きに行ってきました。
ヘグム、デグム、ビパ等の楽器の音色が、なんともきれいでした。
ピアのの音色も、とても素敵でした。
とても、感動しました・・・
最近は、ちょっとした人のやさしさにも感動していますが・・・

posted by タカ子 at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

旅の蝶

今回の旅では、山頂で、蝶がたくさん飛んでいました。

(今回の蝶)
ツマグロヒョウモン♀、リュウキュウムラサキ♂、キアゲハ♂、
コミスジ、イチモンジチョウ♀、アカタテハ、波瑠璃紋花蜂

リュウキュウムラサキ、とてもきれいな蝶でした!
ツマグロヒョウモン、アゲハ系の何か、なんとかミスジ系、タテハ系、
っていうのは想像しながら写真撮ってましたが、正式な名前と♂♀は
家に帰って図鑑を見なければわからず。リュウキュウムラサキは全く
わからない状態で、あまりに開いたときの羽がきれいなので(開くの
が一瞬過ぎて、写真が撮れない!)写真に撮っておいて、家で図鑑で
調べました!なんと美しいチョウだったことでしょう!!!
ブルービー、幸せを呼ぶ蜂に出会えて、ラッキーでした!
リュウキュウムラサキ♂.jpg波瑠璃紋花蜂.JPGコミスジ.jpgイチモンジチョウ♀.jpg
キアゲハ♂.jpgリュウキュウムラサキ♂一瞬.jpgアカタテハ.jpg

posted by タカ子 at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州の旅3日目

朝3時半。Kがトイレに行ったまま長い間、戻ってこない。
なんと、あのKがお腹を壊していたのだ!
なんと、家から持ってきた腐ったブドウを2日目に1房まるごと
食べていたのだ。この暑い中、車の中に置いていたブドウ。1日目
から既に臭いがしていた。しかし、Kは2日目に食べていたのだ!
「やめた方が良い」という私に、「臭いはするけど、腐ってないのを
選んで食べているから大丈夫よ。うん、腐ってない、腐ってない。おい
しい。おいしい。」と言って食べ、お腹いっぱいになり、夜ごはんが
あまり食べられないほど全部食べきっていた。
結局、朝1時間くらい苦しんだだけで、すぐに腹痛は治ったらしい。
いくらKでも、腐ったブドウは、今度からはさすがにやめることだろう。
しかし、皆を起こしたらいけないと、30分もトイレに行かず、我慢
していたというから驚きだ。普通の人なら、人を起こそうが関係なく、
すぐにトイレに走るよ。いや〜、さすがK!

朝の支度が終わり、いざ干潟へ出発!
7時に干潟に到着すると(あ、干潟に到着する前に、ちゃんとカササギ
もゲット)(満潮は10:30)まだまだ遠〜くに鳥がいた。
まだ満ちてきていない海を望遠鏡で見ているプロっぽい方がいた。
近寄ってみると、Hさんだ!さっそく、Hさんの隣で望遠鏡をのぞく。
鳥を見ていると・・・・いつの間にか数時間がたっていた。

そして、今回、どうしても見たい鳥は、「ザンバラ髪」!
Hさんに「ザンバラ髪がきたら教えてくださいね」と言うと、「コサギは
いないから、大丈夫よ。ダイサギの間に1羽だけ来るから、すぐわかるよ」
と言う。そうなんだ、と安心していた。
しぎちっ.JPG

潮が満ちてきて、柵のこちら側まで海水があがってきた。シギチも柵の
こちら側に次々とやってくる。ああ、近い!!!トウネン、オバシギ、
メダイチドリ、ソリハシシギ、キョウジョシギ・・・いろんなシギチが
いるのに、目に入るのは、キリアイばかり!全体の中から言えば数が少
ないはずのキリアイ。小さいキリアイ。なのに、輝いているんだもん!
望遠鏡に入るのはキリアイばかり。
その時、Hさんが、望遠鏡の中の鳥を見ろという。20羽くらいいっぺ
んに入る中で、どれを見ればいいのかわからない。どれのことかわから
ないでいると、カラフトアオアシシギがやってきたとのことで、水かき
を見ないといけないから、ということで望遠鏡はカラフトアオアシシギ
へ切り替わる。
結局、後で聞くところによると、望遠鏡にいれてくれたのは、「トウネン
とヒバリシギのハイブリッド」だって。ただトウネンとただヒバリシギ
の識別もあやしい私には、ハードル高すぎ!でも、見たかったなあ・・・
昔、算数の問題が解けないときにあきらめ、次のレベルの高い勉強をした
ときに、以前わからなかった問題がいつの間にかとけるようになっていた
ことがあったなあ・・・あれと一緒で、ハイブリッドを勉強すれば、
ただトウネンとただヒバリシギもわかるようになるのでは!なんて、
思ったのでした。

そして、Hさんと離れて鳥を見ていると、なんと、ダイサギの群れの中に
コサギがやってきたではないか!
「Hさん、コサギはいないから、ザンバラ髪はすぐわかるよ、と言われて
ましたが、コサギが来てしまいましたよ!」とHさんのところに言いに
行く。苦笑いするHさん。
しか〜し。結局、その後、ざんばら髪が到着したのだが、コサギとじっくり
比べることができた。コサギがきて良かった。
Hさんが、コサギとは、目のくぼみが違う、嘴の太さが違う、嘴の形が
違う、と説明してくださるが、全然わからない。Hさんは、「ったく。
こいつに説明しても無駄だ」と思ったことだろう。
そりゃ、嘴の色が違うからコサギじゃないことはわかるが、ざんばら髪も
短いしさ。夏羽が見た〜い!

ということで、今回も充実した旅でした。
皆様、大変ありがとうございました!





posted by タカ子 at 08:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州の旅2日目

朝起きて支度・・・皆が支度をしているのに、Kがのんびりとしている。
いつもの光景だ。(Kは異常に支度が早い)出発時、空はもう明るくなって
いる。6:30に到着してびっくり。5台だと予想していたが、もう駐車場
は車でいっぱいであった。皆、来るのが早い!
そして、1日中、のんびりタカを見る幸せ!Cさんが、日陰を作ってくだ
さり、なんと快適な!!!Cさん、ありがとうございました!
タカも朝から、どんどんどんどん飛び、この日も6000羽超え!(らしい)
(私は、もちろん、6000羽も見てないよ!)
タカ柱.jpgホオジロ幼鳥.JPG

次々とタカ柱ができ、肉眼で見える距離を団体で飛んで行き、羽の模様まで
見える距離で飛ぶタカもたくさん・・・さすがに私の双眼鏡では、目までは
見えないが・・・。タカ以外にも、幸せのブルービーや、ちょうちょを見て、
ホオジロ家族や、エゾビタキちゃんも見たよ!
それから、懐かしい人々。年に1〜2回しか会わないけど、もう何年も会って
るから、普通に、いつも会ってる感じがする・・・
そして、今回初めて、超おもしろい方にお会いしました。(1年前にも来られ
いたが、話したのは今回が初めて)

「私ね、○○県が実家でね。家に帰ってのんびりしようとしたら、○○シギが出た
っていうのよ。行くでしょ〜!!!!もちろん。だから、もう忙しいのよ。」
頂上にあがったことがないと言われるので、景色がすごくきれいですよ、と言う
と、「私は行かないわよ。しんどいの嫌い」
「実家に帰るとね、近所の人が、たくさん遊びに来るのよ。ホント、とても
大変なのよ。しゃべらないといけないでしょ〜!」とのこと。
いやいや、あなたの場合、しゃべるのをやめる方がつらいと思いますが・・・
と思った私なのでした。本当に、超楽しい方でした!

宿に向かう途中で、たまたま気づいた。去年まで泊まっていたホテル(今回は
満室で予約がとれなかった)と、今回の宿が歩いて行ける距離であることに。
そこで、2日目は、去年まで泊まっていたホテルのレストランに夜ご飯を食べ
に行った。たらこスパゲティがおいしすぎて!しか〜し、そのレストランの
メニューはごっそり変わっていた。変わった感じで、おいしかったけど、前の
方が良かったな。

そんな感じで、2日目も大満足で終了。もうタカには満足したので明日は
朝一番で干潟に向かうぞ〜!


posted by タカ子 at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【秋号】九州の旅1日目

デイリーダイアリーから、ウィークリになり、マンスリーになり、最近は、
四季号になっている気がする、タカ子のばーどだいありー。
久しぶりに更新します。

2泊3日で九州に行ってきました。
出発前日、仕事が終わって21:45頃アストラムの駅に行くと、まるで雪の
日のようにホームに人があふれていた・・・トホホ・・・アストラムがとまって
いるらしい。ほとんどとまることがないのに、こんな日に限って、なんと運の
悪い・・・明日の朝、早いのに・・・バスはまだあるのかな?とアストラムを
あきらめ、改札を出ようとしたところ、アストラム出発の放送が!
結局、アストラムの駅について、3分後に、アストラム再開!なんと運が良い!

1日目。5時半起きで家を出発。新幹線で九州へ向かう。新幹線の中で、ぶどう
を食べ、図鑑で鳥の予習。
九州でレンタカーを借り、もう満潮は過ぎ、潮的に遅すぎるが、タカも1羽も飛
んでいないということなので、景色を見に干潟へ。
そこで、オオソリハシシギやダイゼンがいるが、は〜るか向こうにおり、望遠鏡
で見ても見えない見えない!
が、STさんがまだ見たことがないミヤコドリが、目の前にいた!
STさんは大喜び。「もう今、帰ってもいい!」なんて言う。来たばっかりで
既に帰って良いとは!まあ、ミヤコドリを初めてみたらそうなるか。
がしかし、STさんは、また見たことがないカササギも見なければならないのだ。
ということで、帰ることなく旅を続ける。

干潟は遠すぎるので(まあ、予想だおりだが)、タカの観察地に移動。
2年ぶりになつかしい人達と会う。聞くと、タカが大量に飛んでいるという!
前日まで0羽だったのに。雨があがったとたん、対馬では10000超えとのこと!
佐世保でも、6000羽を超えだったらしい。(私は6000羽も見てないけどね)。
タカの観察地の到着したのが14時半頃。その後も飛んだが、ちょっとまだ見たり
ない。明日はたくさん飛んだらいいなあ・・・

夜、宿に到着。宿代を私がまとめて4人分払い、部屋に行くと、Kが「財布がない!」
と大騒ぎ。車に置いたんじゃない?とSTさん。しか〜し、「さっき、宿代を払おう
として、確かにかばんから出した。結局、タカ子が払ったけど。」という。
それに続けて、Sさんも「私も確かに見た!黒い財布をKが手に持っていた」という。
STさんが宿の人に、財布が落ちていないかを聞きに行き、皆で部屋の中を探せど、
財布はない。宿の玄関から部屋までを3往復してみたが、見つからない。
STさんが、念のため、と車を見にいったところ、車の中ですぐに見つかった!
ったく。Kだけが財布を手に持ったといったら車にすぐ探しに行ったかもしれないが、
Sさんまで「私も確かに見た!」と言うからなあ・・・Sさんを信用しちゃったよ・・。

そして・・・そろそろボケてきた人達と一緒に、夜ご飯に向かう。10年前に佐世保
にきたときに行った天ぷらのお店に行きたいと私が言い、ネットで検索すると、ここら
辺の場所っぽい、ところが出てきた。通りを歩いていると思いだした、あの通りの向こ
うの通りの気がする・・・。お店の前に着いて思い出した。ここに間違いない!
お店に入り、カウンターに座る。注文が終わり、店主に話しかける。「このお店に10
年前くらいに来たことがあって、とてもおいしかったので、また来たんです。10年前
くらいに、鶴の渡りの話をしたんです」と言うと、店主が言う。「ああ、覚えてます
よ。その時は3人で、こちら側に座ってましたね!」と。!!!!!衝撃でした!
10年前の客を覚えているとは!!!きっと、鶴の話をする人なんて、いないんでしょ
うね。そういえば、昔、カヌーに2回目に乗りに行った時、「昔野鳥が好きな4人組が
着ましたよ」と7年くらい前の話なのに、覚えられてたなあ・・・。やっぱり、「野鳥
を見る人」っていうのは、珍しいんでしょうね。私の周りは、野鳥を見る人だらけだか
らそれが普通だけど、野鳥を見ない人の方が圧倒的に世の中普通ですもんね。
天ぷらもおいしかったけど、味噌汁とお茶もすっごくおいしくて、大満足!
Sさんがお茶のおかわりがほしいと騒ぎ、お店の人に頼もうと「すみませ〜ん・・」と
言いかけた瞬間、「はい、お茶ですね」と言われている・・・
「このお茶おいしいです」とSさん、「よく言われます」と店主。「静岡のお茶なんで
すよ」とのこと。「この味噌汁もすごくおいしいです」とSさん。「よく言われます」
と店主。ここのお店に久しぶりに来られて良かった。食べ終わった後、しばし店主と
おしゃべり。「私も、タカの渡りを見にいきたいなあ・・」と言われるので、「明日
なら私たちがいますよ!!!」と言うと、とっても嫌そうな顔をして「明日は、仕事
があるので・・・」と言われました。
ということで1日目が終了。今回も、珍道中になりそうな予感。







posted by タカ子 at 07:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

全然いない・・・

シギチはどんどん渡り、エゾビタキもいっぱいいる(広島じゃないけど)と聞き、
久しぶりに裏山を歩いたが、何〜んにもいなかった。
いたのは、ヤマガラ、ヒヨドリがちらっと飛んだだけ・・・双眼鏡を出す必要も
なく、手ぶらで歩いた山でした・・・
あとは、カラスとセキレイ、合計4種。最低記録だ!なぜ、ここまでいなかった
のだろう・・・・天気が良すぎ?
posted by タカ子 at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

シギチ

もうシギチが渡ってるみたいですね!毎日、ネットでバードウオッチング
してます。アメリカでムナグロが渡りを始めた記事を見たりして・・・
画像を見ているだけで、楽しいですね。
そろそろ、シギチを見に行きたいな
posted by タカ子 at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

ヤンバル3日目

3日目。
早朝、ヤンバルがにわとりのように普通に歩いていると地元の
人に教えていただいた場所に行った。
そしたら、ヤンバルクイナが本当にのんびり歩いていた。
ヤンバルクイナの声があちこちから、聞こえたが、藪の中にいる
ヤンバルクイナは、出ては来なかった。
その後、森の中を歩いて、ホントウアカヒゲ、ヤマガラなどを
みて、畑&田んぼに移動。
チュウサギ、コサギ、アマサギなどを見つけては喜んでいたら、
クロハラアジサシ(成鳥7羽)の群れが、ふわふわ飛んでは、
田んぼで気持ちよさそうに水浴びをしていた。

大満足のヤンバルの旅でした!

posted by タカ子 at 17:50| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤンバル2日目

2日目。4:30起床。
ヤンバルクイナを見るために、道路沿いを車で走る。
その時、

た〜〜〜〜〜

一瞬のことであった。2車線通れる広い道路を、ほんの一瞬で
渡ったのは、間違いなくヤンバルクイナ!

く〜〜、素早い!警戒心、強っ!

しかし、この日は、雨が時々降っていたためか、その後7羽の
ヤンバルクイナが道路を渡った。
そのうち、2羽ほどは、警戒心が薄く、道路の端で、足を交差させな
がら、ゆっくり餌を探して歩いていた。成鳥雌のようだった。
今回の旅では、雛や幼鳥は見られなかった。しかし、3日目の朝も
5羽見た。しかも2羽は、けっこうじっくり見れた。

こんなに簡単に、見れるとは〜!!!

そして、ノグチゲラも、今回の旅で、たくさん見ることができた。
ノグチゲラは、あちこちで鳴いており、しかも警戒心も薄く、
こちらで見ていても全然気にせず、のんびり木をつついていた。
大きな鳥なので、木をつつくと、とても迫力がある。
図鑑を見ると、ノグチゲラは、ペアか家族単位で行動するとあるが、
私たちが見たのは、なぜか雄成鳥1羽のみであった。いつも雄1羽
なのであった。
図鑑で見て、茶色い地味な鳥だと思っていたが、実際に見ると、
茶色に重なる赤が、なんとも美しい!本当に、なんと美しい鳥なん
だろうと思った。

2日目の早朝にして、すでにヤンバル3点セット(ヤンバルクイナ、
ノグチゲラ、ホントウアカヒゲ)+エリグロアジサシ、ベニアジサシ
を見終わったのであった。

その後、リュウキュウアカショウビン、リュウキュウサンコウチョウの
声を聞いた(姿は見られず・・・)。

ヤンバルを堪能した後は、アジサシ類探しに、島を巡った。あちこちに
ビーチがあり、観光客がたくさんいた。
あちこち探したが、いたのはエリグロアジサシとベニアジサシだけで、
それ以外のアジサシ類は見つけられなかった。

夕方、リュウキュウヨシゴイ探しに、田んぼへ。
長い間待ったが、とうとうリュウキュウヨシゴイを見ることはできなかった。
暗くなった時に、茶色っぽいサギが飛んでいたが、リュウキュウヨシゴイ
かどうかは、不明・・・きっと、リュウキュウヨシゴイだとは思うのですが・・。
ゴイサギ、ホシゴイは川沿いの木をねぐらにしていた。
posted by タカ子 at 17:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤンバル1日目

午後、飛行機出発。飛行機の中から見えた奄美の海は、とても美しかった。
沖縄が見えてきて、14:30に那覇空港に着陸。
モノレールで移動し、レンタカー屋さんへ。
ナビによると、目的地のヤンバルの宿までは3時間ほど。しかし,那覇市内は
とても渋滞していて、また、のんびり行ったので、宿まで4時間半ほどかかり、
1日目は、ほぼ移動で終わった。
夕方、海岸沿い、車を降りて海をのぞくと、そこには、エリグロアジサシと
ベニアジサシの群れが普通にいた!アジサシをとても見たいと思っていたが、
苦労せず、1日目から簡単に見れた。
エリグロアジサシとベニアジサシを初めてみて、感動!やっぱり大きいですね。
また、クロサギ(黒色型と白色型両方)が浜辺を歩いていた。
宿にたどり着き、夕食までの間散歩していると、宿の庭で、ホントウアカヒゲ
が鳴いていた。しかも、警戒心が全くなかった。以前行った奄美のアカヒゲは
どれも警戒心が強い個体ばかりだったが、ヤンバルのホントウアカヒゲは
警戒心のない個体ばかりで、雄も雌もこの旅で複数個体見ることができた。
宿夕食を食べた後、森の中をドライブした。リュウキュウコノハズクが、コホッ
コホッと鳴いていた。
posted by タカ子 at 17:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする